大磯で遊んでみる。

f0173614_0421472.jpg


アニキがとおざかっていくーー。

枯れ葉の中で 見知らぬ橋の上で佇むぺつお。
今日はちょっとだけ遠出しての冒険。
県立大磯城山公園にいったのだ。
ここ、昔は三井財閥別邸だったらしい。広大な敷地。
もみじがいっぱいの名所。
日本庭園や小田原とか箱根とかが見渡せる展望台(つうか高台)。
お茶屋なんかがある。

さて、内部を探索☆
[PR]
# by petsuo | 2009-11-24 00:53 |

おちゃわん。

f0173614_11523150.jpg

先日は、みんなからのお祝いの言葉に浮かれて
パンケーキに酔って
そんでもいつまでも がきんちょで
くまじぃに甘えたりしてるぺつおです。はい。


f0173614_11524938.jpg

ご飯ちゃわんが、ちょっと大きかったので、
それはスープ椀とかに変更しようと、新しいのを買いました。
これ、「有田焼」。みえないでしょ。
ちょっと昔の民藝のような、
いえいえ、北欧のモダンな風情もあるような、
内と外で柄も絵付けの色も違います。手書きです。
新しいおちゃわんでいただくご飯は
なんだかうきうき、おいしいですね。なんででしょう。
[PR]
# by petsuo | 2009-11-10 11:56 | キッチン

都内近郊の旅「三渓園」

ちょっと旅にでたい。
お金をかけずに、ちょっとトリップしたい。
そんなとき、ここお勧めです。
横浜駅か、根岸駅からバスにのっていける国指定名勝「三渓園」

f0173614_11203691.jpg

裏門からいくと、こんな中国風の建物が池の中に立っている。
女の子の人形がなぜかひっかかっていて、パチリ。

f0173614_11204887.jpg

三渓園は、横浜の事業家・原 三渓の元邸宅。
約53000坪の広大な敷地に、
京都や鎌倉から10棟の重要文化財を含む歴史的建築物を移築。
全部で17棟の古建築物を
自然の景観とともに 池を回るようにゆるりと観ることができるんです。

f0173614_11205919.jpg

上とこの写真は、原家の私庭だったエリアにある、
徳川家ゆかりの「臨春閣」。
京都の桂離宮と対比されるものだそう。

この他、岐阜の白川郷からやってきた合掌造りの家もあって
中に入ってみることもできます。

f0173614_11211366.jpg

これは中央に位置する「大池」。
のどかに小さな船が、陸を離れて佇み
周辺にあるお茶屋から眺めていると、
ほんとに心が身体がトリップして、奇麗な空気に浄化されますよ。


f0173614_11213352.jpg

猫もちらほらいっぱいいて、人慣れしているのか
触ることもできますよ。
落ち葉と猫のなんとも似合うこと。

紅葉がたくさんあったので、
そろそろ美しい景色がみられることでしょうね。
[PR]
# by petsuo | 2009-11-10 11:48 |