タグ:音楽 ( 3 ) タグの人気記事

「音霊Live」〜波とギターの調べ〜

8月8日に情熱大陸ライブにいって翌週12日、
今度はすっかりメジャーとなったキマグレンの
逗子にある海辺のライブハウス「音霊」にいってきた。

f0173614_1262114.jpg

(携帯画像より)

こちらは隣りにあるカフェレストラン。
気まぐれカレーなんかがあるの。


f0173614_1264911.jpgf0173614_127492.jpg



怒濤の73日連続ライブをやっているんだけど、
その中でも一番気になったライブを友人が取ってくれた♪
メインが宮沢和史、押尾コータロー&キマグレンも登場する豪華なメンツ。


キマグレンのさわやかな笑顔&音楽&ホストのようなそふと〜なコメントで
盛り上がった後、押尾コータローのギターの凄いこと!

一級のギターソロは暑くスパニッシュに盛り上がり、
時に体を痺れさせ、格好いいとしか言いようがないんだけど、
喋ると関西へトリップ。おもしろくてすっとぼけてて
「キマグレンとか宮沢さんみたいに、海が似合わない。
 インドア派なんでー」何て言ってた。
でも、サウンドはもうすっかり海辺に佇んで目を閉じて聴こえてくる感じ。

メインの宮沢さんは、タンクトップに半パンに麦わらハット。
メローな歌声に、邪魔しないアコースティックギター。
その合間に、波の音がザザ〜ン、ザザーンって聴こえてきて。
海辺で歌いたかった曲を並べてた。

ブラジルの海が浮かぶ、ボサノバ名曲「イパネマの娘」
アレンジしたSMAPの「青い稲妻」(彼曰くもう少しで宮沢まで到達する人達の歌と紹介、笑)
北の海!?「津軽海峡冬景色」
みんなで歌っちゃった。なんか洒落た歌になってた。盛り上がった。
ギターの音を調整しながら、彼の自然体のトークが面白くって笑いの渦。


アンコールではみんなで客席もスタンディングで「風になりたい」を熱唱。

ザザーン。心地よい酔い。宵。

またいきたいなー☆
[PR]
by petsuo | 2009-08-19 12:27 | 文学+音楽+映画

コールドプレイ☆コンサート「美しき生命」

f0173614_21352444.jpg
12日、久しぶりに朝からiPOD。
流れる曲に身体が目覚めていく。
このiPODのCMでおなじみになった曲「Viva La Vida」(美しき生命)が流れると、すっかりコールドプレイ一色に身体がシフトしていく。

夜はさいたまスーパーアリーナでコールドプレイのコンサートなのだ。
夕方になるとそわそわと帰る準備をしていざ向かう。

会場はアリーナ席A・Bとスタンド席があって、私たちはアリーナB。
アリーナはすべてスタンドで見るため、来た順に思い思いの場所を陣取る。
フェスといった感じ。それがまたいい。
一番後ろの角に陣を取る。もしかしたら通路に彼らが現れるかもしれないからだ。

19時開演。30分ほど前座があって、その後くるのかくるのか、と
ヒップホップ調のBGMに漂っていること30分。
「このまま、かいさーん、とかないよね?」と友人も不安になる長さ。
でも胃のあたりがむずむずと彼らの登場を待ちわびる。
そろそろかと思ったところで一変クラシック音楽「美しき青きドナウ」が
優雅に流れ出すと、観客は自然とチャッチャ、チャッチャと音楽にあわせて手拍子。
徐々に音楽も手拍子も大きく、大きくなっていく。

そしていよいよ、アルバムのオープニング曲にのって、彼らが花火を手に登場した!
会場はもう、怒濤の盛り上がり。

アルバムのジャケットにもなったドラクロアの絵が背景に大きく映し出され、
カラーとモノクロをモチーフにしたような、生と死をあらわすような、
映像のうつくしさ。生命の美しさ。
まさに、Viva La Vida。美しき生命。。。

続けざまに、ヒット曲をのっけから連発する。ハイスピードの興奮。
スタンド席も最初から最後まで立ち見でのりまくる。

名曲「イエロー」が流れると、大小の風船がアリーナを舞って、
観客が跳ね返して次へ次へと伝達していく。
伝達、一体感、恍惚としたコンサートの光、サビ部分の大合唱・・・。
天井から吊られた地球儀のような球体は、
メンバーの顔を映し出すスクリーンとなって、観客の目を奪う。

クリスのピアノ、ジョニーのギターに、
会場は縦揺れするもの、横跳びするカップル、手をあげて漂うもの、、
様々に音楽にのって、思うままにみんなが一体となった。
手をあげて、スイングして、ゆるんだジーンズが落ちるのも構わず
へそだしも気にせず、音楽にゆだねる快感を思いだしていた。

それはそれは、もう気持ちいいのだ。身体が五感が揺すぶられる快感。

「たのしんでる? コンバンワー」
クリスのつたない日本語が添えられる。かわいい、かっこいい!
あの情けない男のような、優しげでひ弱そうでもある雰囲気が、すきだ。

f0173614_22164637.jpg
途中、うれしい一幕があった。
ステージ場をかけまわっていたクリス。
そのクリス筆頭に、4人がかけだしてアリーナにおりてきた。
そしてアリーナ後方の小さな舞台に!
その距離およそ15m。アリーナ席が彼らに引き寄せられるように
その舞台に大移動。そこで小さなミニライブが開かれた。

ファンサービスも怠らない。
壮大なこれぞコンサートという演出も忘れない。

最後には会場全体に色とりどりの紙吹雪が舞って
最高潮の盛り上がりを見せて、終焉。

今日もiPODとともに、出勤した。
朝も夜も、コールドプレイ。昨日の甘美な夜の再現。。。

しばらくは、彼(クリス)の甘くて切ないヴォイスに漂っていたいのだ。
[PR]
by petsuo | 2009-02-13 22:39 | 文学+音楽+映画

セールで、音楽を買う

f0173614_2212294.jpg

セールだから、HMVのネットで安くなったCDをアニキと買ったよ。
随分買ってなかったので、ちょっと前にでてたやつとか色々。
音楽を買う、って、本を買うのと似て、
得るものがおおくて、豊かな気分。

30代をすぎても脳はいくらでも活性化できるんだとか。
日本語を読む、音楽を聴く、沢山おしゃべり。
自分がもってる情報をリンクさせながら、
脳をぴくぴく 動かしましょう。

f0173614_22121519.jpg

ドノヴァン・フランケンレイター「ムーヴ・バイ・ユアセルフ」 
     *プースフルなオーガニック・ヴァイヴ!
G・ラブ「スーパーヒーロー・ブラザー」
     *ファンク、ジャズ、ソウル、ブルースを織り交ぜた究極サウンド
レディオヘッドのベスト盤  *やっぱいいね!
イアン・プーリー「in other world」 *この新譜はいまいちと、アニキ
The cannonball Quintet 「Mercy Mercy Mercy!」(ジャズ)
CANNONBALL'S ボサノヴァ
ウェス・モンゴメリー「A Day in the life……」 !!
CANNONBALL ADDERLEY「SOUL ZODIAC」

合計8枚
まだ全部聞いてないけど、
朝から流したドノヴァン&レディオヘッドは
縦に横にスイングしたよ。

f0173614_22123276.jpg


ほら、くまさん、大きく横に、スイング!!

「くまじぃ、ぎっくりごしになるよ?」

そんなおいらも、まったりオーガニック脳体操中〜♪
[PR]
by petsuo | 2009-01-10 22:32 | 文学+音楽+映画